育毛コンテンツ
2017.12.20

冬は乾燥の季節 水分対策を怠るな!! 冬の頭皮は保湿で決まる!!!

こんにちは。MR.NARKEです。
今回の『週刊成毛』は冬の大敵“乾燥”と冬のシャンプー方法についてお話したいと思います。
冬は、肌が乾燥するように頭皮や髪の毛も乾燥する季節なのですが、実は頭皮のトラブルは乾燥が一番の要因と言われております。頭皮が乾燥することによって起きる症状は大きくわけると5つあります。ではどんな症状が起きるものなのでしょうか。

【頭皮の5つのトラブル】
1、かゆみ
2、フケ
3、抜け毛
4、頭皮湿疹
5、頭皮ニキビ

 

このように、様々な頭皮のトラブルが発生してしまいます。頭皮が乾燥するとバリア機能と呼ばれる皮膚の水分を保つ役割と雑菌の影響を防ぐ役割が低下してしまうことにより、炎症がおきます。そして、雑菌が繁殖するようにもなるため、5つの頭皮トラブルへとつながっていくのです。更に乾燥が進むと、どんどん皮膚の水分量も少なくなり、カサカサするようになってきます。最終的には頭皮に炎症を起こし最悪のケースでは抜け毛による薄毛などがおきる可能性もあるのです。頭皮トラブルの改善で一番にやらなければいけない事、それは保湿をして頭皮にうるおいを与える事です。頭皮の乾燥を防ぐには何より保湿をする事が大事なのです。保湿をすることによって皮膚の水分が蒸発して乾燥をするのを防ぐ事ができます。
頭皮を保湿したいと考えるなら、是非シャンプーの方法も見直しをしてみてください。いくら頭皮にオイルやローションで潤いを与えても、頭皮が乾燥しやすい状態のままでは、育毛に良い環境とは言えません。潤った健やかな頭皮を目指すためにできるシャンプーのポイントをみていきましょう。

【シャンプーのポイント】

  1. シャンプーの水温は34度~35度のぬるま水で洗いましょう
    あまり熱いと皮脂を洗い流し過ぎてしまい、皮脂の過剰分泌や頭皮の極度の乾燥を招くため、ぬるめのお湯にしましょう。
  2. シャンプーの回数は1日1回(2度洗い)がお勧めです
    乾燥でフケが気になる場合、シャンプーの回数を増やし頭皮を清潔にしようとする方もいらっしゃるかもしれません。しかし、必要以上に皮脂を洗い流してしまうと余計に頭皮が乾燥してしまう場合があります。シャンプーは1日1回(2度洗い)にとどめ、必要以上に皮脂を洗い流してしまわないようにしましょう。
  3. 優しく洗いながら汚れはしっかり落としましょう
    シャンプーは手のひらでしっかりと泡立ててから髪に乗せて、指の腹で汚れを揉みだすように頭皮をマッサージします。ポイントは力を入れ過ぎず丁寧に揉み洗いすることです。
  4. すすぎにたっぷり時間をかけましょう
    シャンプーで汚れを落としたら、しっかりとその汚れをぬるま水で流しきってください。泡が無くなったと思っても、まだ残っている可能性があるので十分に頭皮と髪の毛をすすいでください。
  5. 頭皮の状態に合わせてシャンプーを選びましょう
    頭皮の保湿・乾燥対策をしようとするならシャンプー選びも重要な要素となります。シャンプーは自分の頭皮の状態に合ったものを選ぶことをお勧めいたします。何年も同じシャンプーを使っている方、家族兼用のシャンプー使っているなどという方は、この機会に自分に合ったシャンプーはどれか見直してみるのもよいかもしれませんね。

 

いかがでしょうか。毎日の積み重ねによる薄毛・抜け毛への影響は少なくありません。毎日行っているシャンプーで少しでも健やかで丈夫な髪の毛が育つ環境を作っていきましょう。

  • About us
  • FAQ
  • ご注文
  • 医薬品販売について