医薬品をもっと身近に..

株式会社ジェネリック薬品では、“ジェネリック“の名の通り、
医薬品をもっと身近に感じていただけるように、
お求めやすく、安心・安全な商品づくりをモットーにしております。
それは、医薬品にとどまらず、医薬部外品・化粧品でも
皆様の笑顔をずっと感じていられる商品づくりを心がけております。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは
「ジェネリック」という言葉を一度は耳にされていると思います。Generic(ジェネリック) は、直訳すると「一般的な」と訳され、全ての要素を広く網羅しているさま、総合的なさまを意味する表現です。医療の分野では、一般的に広く使用され、効能や安全性が既に確立されている医薬品の事を意味します。
新しく薬を開発するには、10年以上の年月と数十億~数百億円とも言われる膨大な開発費がかかるとされています。このように、新しく開発された最初の薬を「新薬」と言います。特許期間がおよそ20~25年間あり、独占的に製造・販売することになります。
これに対し、後発医薬品(ジェネリック医薬品)は既に有効成分が開発・検証されている医薬品を製造することになりますので、開発にかかる費用も安く、時間もかなり短期で済みます。よってジェネリック医薬品の価格は新薬と比べて安く提供ができるようになります。 それがジェネリック医薬品と呼ばれるものです。

わたしたちの現在

わたしたちの現在
私たちは、まだジェネリックという言葉が世間に浸透していない1989年に、確かな効能と低価格で還元できるジェネリックの分野に一早く着目し設立いたしました。「医薬品をもっと身近な存在へ」をコンセプトに事業を進めてきました。そして、これまでの医薬品の知見やデータ・経験に基づく商品の開発を始め、私達の考え方を伝えることができる通信販売事業をスタートさせたのです。

わたしたちの未来

わたしたちの未来
少子高齢化社会が急速に進んでいる今、医療施設、医薬品は必要不可欠のものとなっており、“自分の健康は自分でコントロールする”時代になってきています。医薬品は「今すぐ治したい」を可能にするものです。そのような中、「このようになりたい」を可能にするものも存在します。株式会社ジェネリック薬品では、医師の治療以外で貢献できる製品や健康保険適用外の商品をジェネリックの発想で、手頃な価格で提供することが私たちの使命と考えており、そんな時代背景に伴い品質が良く、お求めやすい幅広い分野の医薬品の開発・研究を進めております。あらゆるお体のお悩みに対応出来る身近な医薬品通信販売会社として、お客様の未来設計と共に成長していきたいと考えています。
  • About us
  • FAQ
  • ご注文
  • 医薬品販売について